Books | crick here to return to top pages!
スケジュール帳
 
毎年悩むのが、次年度のスケジュール帳。
自分にとってマスト的なレイアウトがあっても、不必要なページがありすぎて、携帯に不便さを感じつつも、カレンダー形式で、書き込みがたっぷり書けるノートは今のところ
モレスキンしかないので、モレスキンのマンスリーエクスラージをずっと愛用してきたのですが、今まで使用してきたダイアリーを見てみると、結局使用しているページは見開き2ページ1ヶ月カレンダーの部分×12ヶ月と、最後のノート部分が10ページ弱、位しか使用してなくて、大部分のページ数を占めている、日割りのページはほぼ真っ白。日記とか、書いてれば埋まるのかもしれないけど、スケジュール帳に、そこまでの機能性は求めていないので、来年のものは、自分の好きなノート(無線)にカレンダー枠を毎月書いて、その都度、メモを足したり、スペースを書き足したりしながら、自分で作ろうかな・・・と思ってました。Paper Blanksの無線ノートをSwimmyさんで購入して、来年からは自作スケジュール帳!(笑))
スケジュール帳が一年単位で購入していると、新しいノートに、いちいち過去の情報を写したりメモしたり引き継がせたり移行させたりする作業も大変だったのですが、自作なら、ページ数が多いノートを選べば、5年ぐらいは持ちそうです。必要な項目だけ、自分の用途によってカスタマイズ形式で来年からのスケジュール帳を作ろうと思ってます♪ 右の画像は来年用に購入したPaper Blanks Old Leather Black Moroccanのノート。アンティークレザーのような手触りと光沢なのに、材質は紙!(実物はswimmyさんにて、購入可能です)来年はスケジュールも綴って行きます(笑)))
Books comments(0) -
ユーカリ
実家から引っ越すときに、どうしても手放したくない書籍や雑誌を大阪にも少し持ってきたのだけど、大阪に来てから、また増えてきた書籍・・・。

本はなかなか手放せない。
データ化できればいいのだろうけど、データ化できたとしても、
多分、今自分が手放したくない本達はデータ化されてしまうと全くその本のよさが損なわれてしまいそうな本ばかりだと思う。写真集や美術本。画像や紙の質感を上手く利用した本の中の視覚的情報の中に無数な刺激や想像力が詰まってる。

「ユーカリ」という本は、2001年に亡くなった、インテリアスタイリスト岩立通子さんが生前コレクションしていたものや愛用していたものを彼女のアシスタントであった5人の方々がスタイリングした3000冊限定の自費出版写真集。シリアルナンバー付きで、手押しナンバー印です。私のナンバーは519。アシスタントの中には長尾美智子さんの名前も・・・。
もちろん他の4名の方も皆さん今は第一線で活躍する、そうそうたる顔ぶれ。

久しぶりに、この本を、本の山から出して開いてみました。
5年以上経つのに、全く色あせない物やスタイリング。アシスタントだった5人のスタイリスト達の師匠への愛がぎっしり詰まっていて、ページをめくりながらドキドキした。幾度と無くページを開いたはずなのに、また新鮮な驚きとドキドキの波・・・。

少しずつ、少しずつ、本の山から手放す決意をしようと日々読み返しながら選別しているのですが、今日もまた、手放せずに本の山に本を返すという作業・・・。

Books comments(0) trackbacks(0)
雄鶏社の本

つい先日、以前から欲しかった書籍を購入しようと思い、
書店に在庫確認をしてもらっていて初めて知った雄鶏社倒産の事実・・・。
そう、知りませんでした。私・・・・。
あんなに大きな古い出版会社が倒産したとか、今でも信じられないのだけど、 その事を知ったあと、
改めて今、家の中にある本を見てみると・・・所持している 手芸本の多くは雄鶏社。
たぶん、実家にも大量の書籍があるので、それを合わせたら 軽く3〜40冊位はありそう・・・;
手芸好き、お料理好きな人なら雄鶏社の本、必ず何冊かはもってあるくらい ポピュラーな出版社なのでは?? 書店に行っても、大概手に取って購入するか?迷うのは雄鶏社だったし、大抵そういう本は
¥1000以上は基本するので;タイトルだけメモっておいて、後日購入するリストに リストアップしていたりします。今回も、そのリストアップした本だったのに・・・。
なんとかネットで見つけたけど、これからここの書籍を購入できないとなると とても困る・・・。
だって、まだ10冊以上もリストアップされてるんだもん・・・;

学生の時に購入した中央の書籍から作った、左画像がフェルトのミニティディーベアー。
クロスステッチの図案は色々な本を見たけど、やっぱりこの図案集が一番気に入って購入したもの。
Books comments(2) trackbacks(0)
| 1/1 |